TOPページ

お知らせ 2015.8.6更新

サービス紹介
 ├ サービスの仕組み
 ├ 便利な使い方
 ├ サービス詳細
 ├ フィルター機能
 ├ 迷惑メールチェック
 ├ ウイルスチェック
 ├ メール加工機能
 ├ 料金
 └ お支払い方法

お申し込み
 ├ 利用規約
 └ お申し込み

お届け
 ├ 設定変更ページ
 └ ご解約

サポート
 ├ FAQ よくある質問
 ├ メールソフトの設定方法
 └ お問い合わせ

便利な付加機能(無料)
 ├ Webメール
 └ HP転送


特定商取引法表記

非常時用連絡ページ

 

  メーリングリスト サービス

ファイル転送/共有サービス

さすらいペット

無料ゲストブック

ユーザーリンク集

 
 
 



メールソフトの設定はいたって簡単です。 最近のメールソフトの多くはマルチアカウント(複数メールアドレス)に対応しています。 現在使用しているプロバイダーなどのメールの設定に、v7.comの設定を「追加」します。

POPアクセス・設定のポイント (****@v7.comの場合の例)
メールアドレス ****@v7.com
POPサーバー mail.v7.com
ポート番号 110
SMTPサーバー mail.v7.com
ポート番号 587(25も使用可能)
アカウント名 (ユーザー名) ****
パスワード (お申し込みのパスワード)
SMTP認証 [使用可能] ※1 (推薦)
POP before SMTP [使用可能] ※2

※1…SMTP認証(SMTP AUTH)時のユーザー名・パスワードは上記と同じです
※2…POP before SMTP認証時のユーザー名・パスワードは上記と同じです
 Outlook ExpressではSMTP認証を使用してください


主なメールソフトの設定例
 Outlook Express 6  Windowsメール  Windows Liveメール
 Becky! 2  Outlook (ver.2)  Thunderbird 2
 Apple Mail (ver.4)

主なWebサービスの設定例
 Gmail  Yahoo!メール


【ご注意】 Outbound Port 25 Blocking採用のプロバイダーの場合
ご利用のプロバイダーがOutbound Port 25 Blocking(外部のメールサーバーへの接続を制限する対策)を採用している場合は、 メールソフトのSMTPサーバーの設定画面にて ポート 25 から 587 に変更する必要があります。
例)Outlook Expressの場合は以下のように設定を変更してください
  1. ツール→アカウント→(v7.comの設定を選択して)プロパティ→サーバー を開き、「このサーバーは認証が必要」を選択、 [設定]を押して「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択します。 (こちらのNo.8以降が実際の手順です)
  2. 続いて、詳細設定 タブを開き、送信メール(SMTP)を 25 から 587 に変更します。
Outbound Port 25 Blockingを導入していないプロバイダーのお客様でも設定可能です。


その他
  メール送信時の認証について
  WebMailご使用上の注意点
  メール転送サービスの設定方法


 

有限会社ビクトリーセブン 一般第二種電気通信事業者 A-09-2629 
利用規約個人情報保護方針
Copyright (c)2007 Victory Seven Co.,Ltd. All Rights Reserved.